公明党 文京区議会議員団 平成26年第4回定例議会一般質問 渡辺 とも子

平成26年11月定例議会一般質問

公明党文京区議団代表質問 渡辺 とも子

9.区立図書館について

質問 

次に区立図書館についてお伺いいたします。

まず、学校図書館への支援の充実について伺います。
区立図書館では、学校からの求めに応じ、学校図書館の充実の為、15校に月2回という割合で司書を派遣してきました。
子どもたちの読書や調べ学習にとって,司書からの専門的な支援を受けることは、とても大事なことだと考えます。
学校図書館法の改正に伴い、平成27年4月から学校司書の配置が努力義務とされます。
こうした中、来年度の重点で、学校図書館への区立図書館からの司書派遣について、支援回数を増加させるとともに全校に拡大するとのことですが、その取り組みを具体的に伺います

次に、真砂中央館の改修工事について伺います。
この間、空調設備等の更新が必要と聞いていましたが、工事はどのような内容で、どれくらいの期間を予定しているのでしょうか。本を借りる方だけでなく、地域の皆さんにも利用される中央館の改修ですので、工事期間中の対応が気になるところです。工事期間中は、休館となる訳ですが、区民サービスについてはどのような対応をお考えなのでしょうか、お伺いいたします。 

以上で私の一般質問を終わります。ご清聴まことにありがとうございました。

教育長答弁

次に、学校図書館への司書の派遣についてお尋ねですが、

区立図書館では、子ども読書活動推進計画に基づき、区立小中学校15校へ月2回、1回4時間の司書の派遣を行っております。
この間、学校からの要望や図書館サービス向上検討委員会報告書の内容を踏まえ、その充実・拡大に向けて検討してまいりました。
また、本年、学校図書館法が一部改正され、平成27年4月より学校司書の配置が各自治体の努力義務とされることになりました。
これらのことを勘案し、学校図書館への司書を区立小中学校全校に拡大するとともに、派遣回数を原則週4回、1回4時間とし、図書選定等に関する指導・児童・生徒の読書支援、調べ学習・レファレンス等の支援など、学校図書館及び児童・生徒の読書活動の支援に努めてまいります。
こうしたことにより、学校図書館と区立図書館との連携をさらに緊密にし、子どもの読書環境の充実と区立図書館の利用促進を図ってまいります。

最後に真砂中央図書館の改修工事についてのお尋ねですが、

真砂中央図書館は、老朽化した空調・給排水等の設備を更新するとともに、区民の方がより快適に図書館を利用できるよう、資料収集機能の充実、地域資料コーナーの拡充のほか、児童向け行事のための「「おはなしの部屋」の新設、10代を対象としたグループ学習の場の確保や新聞・雑誌等をゆっくり閲覧できるブラウジングコーンーの充実などの改修工事を行います。
工事期間は、平成27年7月から平成28年5月までを予定しております。
この工事に伴い図書館資料等の搬出・搬入などにそれぞれ約1ヶ月を要するため、平成27年6月から平成28年6月までを休館とする予定です。

真砂中央図書館の休館中は、事務スペースをシビックセンター内に移し、指定管理者との調整など、中央館業務としての事務を行います。
その間、図書館資料等の貸出・返却につきましては、近くの区立図書館及び平成27年4月から新たに貸出・返却を始める向丘地域活動センターをご利用いただくよう、図書館利用者に周知してまいります。また、シビックセンター内にう移す事務スペースの窓口での貸出・返却の対応も検討してまいります。

さらに、児童を対象とした事業につきましては、保育園・幼稚園等への出向いて行う読み聞かせや、地域の児童を対象とした行事等を引き続き行ってまいります。

改修工事を実施することで、区民の皆様にご不便をおかけしますが、より快適な読書環境を整備するため、今後も周知徹底を図り、理解を求めてまいります。



→質問項目に戻る   ページトップへ