公明党 文京区議会議員団 平成27年第1回定例議会一般質問 松丸 まさし

議会便り

平成27年2月定例議会一般質問

公明党文京区議団代表質問

公明党 文京区議会議員 松丸まさし

2.障害者施策について→次ページへ

質問 

次に障害者施策についてお伺い致します。

新福祉センターがいよいよこの4月からオープン致します。
そこで、新福祉センター開設に伴い、機能拡充と文京区の障害者施策の充実にどのような点に意を用いられたのかお伺い致します。
入所施設が拡充するなど、障害者施策が大きく充実する中、放課後の居場所について就労していない人への対応など、きめ細かな運営が求められていますがこの点についてもお伺い致します。

障害者就労支援センターが28年度より区民センターの1階に移設になり、大幅に拡張されることは大いに評価するところです。
しかし、就労支援が身体や知的・精神の障害をお持ちの方が中心になる傾向があり、障害には視覚・聴覚に障害をお持ちの方もいらっしゃいます。
そこで、視覚・聴覚障害者の就労支援について本区はどのようにお考えなのでしょうか。

視覚障害者の方と懇談した折、新宿区では障害者福祉センターの一室を治療院として開設し、マッサージ師の資格を持った視覚障害者の方がそこで働き、自立支援をしているそうです。本区として、視覚・聴覚の障害者の就労支援についても手を差しのべるべきと思いますが、区長のご見解をお伺い致します。

区長答弁

次に、障害者施策に関するご質問にお答えします。

まず、文京総合福祉センターにおける障害者施策の充実についてのお尋ねですが、
文京総合福祉センターでは、本区で初めての実施となる施設入所支援や短期入所をはじめ、生活介護、自立訓練など様々な障害福祉サービスが、本年4月にスタートいたします。
このことにより、本区における障害者施策を支えるサービス基盤の整備が大きく進むこととなります。

また、一つの社会福祉法人が複数の障害福祉サービス事業所を設置・運営することで、効果的かつ効率的な運用が図られるものと期待しているところです。

さらに、地域における相談支援活動の中核的な役割を担う専門機関として、新たに障害者基幹相談支援センターを開設いたします。
本センターでは、積極的なアウトリーチによる支援や、関係機関との連携構築を行うなど、障害者支援の充実を図ってまいります。

認知症対策について   ページトップへ
文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク