公明党 文京区議会議員団 平成27年第3回定例議会一般質問 若井のりかず

議会便り

平成27年9月定例議会一般質問

公明党文京区議団代表質問

公明党 文京区議会議員 若井のりかず

1.子どもの犯罪被害防止強化について

質問 

この夏、大阪府寝屋川市で中学1年生が事件に巻き込まれ、尊い命が奪われました。子どもを持つ親として、本区においても、一層、子どもの犯罪被害の防止を強化していく必要があると思います。

今回、事件解決に防犯カメラが効果を発揮したことを受け、本区においても、防犯カメラの増設を求めるものです。また、小中学校での防犯教育の充実も緊急に進めていくことが必要と考えます。
本区における子どもの犯罪被害の防止の為の強化をどのように取り組んでいくのかお伺いいたします。

区長答弁

若井議員のご質問にお答えいたします。

最初に、防犯カメラの増設等による、子どもの犯罪被害防止強化についてのご質問にお答えします。
本区では、これまでに、防犯対策等を推進する安全・安心まちづくり推進地区を‘15地区指定し、防犯カメラの設置支援を図っております。

昨年度までに、9地区で93台設置されておりますが、本年度はさらに6地区に63台を増設し、合計156台となる見込みです。今後も、町会等の意向も踏まえ、安全・安心まちづくり推進地区の指定拡大を図り、
防犯カメラの設置に関する地域活動団体への支援を進めるとともに、安心・防災メールの配信、青色防犯パトロールなど、警察署等との連携強化も図りながら、犯罪被害の防止に努めてまいります。

次頁へ   ページトップへ
文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク