公明党 文京区議会議員団 平成29年11月定例議会一般質問田中 かすみ

議会便り

平成29年11月定例議会一般質問

公明党文京区議団代表質問

公明党 文京区議会議員  田中 かすみ

4.ネウボラ制度等を拡充 日本一お母さんにやさしい文京区の構築を

質問 

次に 産後うつや 児童虐待を予防するために、ネウボラ制度を含む 子育て支援策の充実について 伺います。

我が会派が 推進してきたネウボラ制度は、お母さんに優しい国 ランキング第1位 のフィンランドの子育て支援を お手本に始まりました。女性のほとんどが フルタイムで働くフィンランド。   

最近ではひとり親、再婚、事実婚などが増え、家族の形が多様化しています。また、高齢化のスピードが 比較的速い国でもあります。しかし、出生率(しゅっしょうりつ)が低迷する日本とは対照的に、フィンランドの合計特殊出生率(とくしゅしゅっしょうりつ)は 約1.8の水準を保っています。その理由は様々ですが、社会全体が 子どもの誕生を歓迎し、切れ目のない、包み込むような 子育て支援を行っている結果であると 思います。
文京区に導入されてから、これまでに沢山要望が実現しました。
保健師さんの名刺を作って、ママと信頼関係を作るツールにしてほしい、ネウボラ事業が周知されるようパンフレットを作ってほしい、産後、心と体を休める場所を作ってほしい、産まれたての赤ちゃんとママの生活を支えるように、家事援助などメニューを増やしてほしい、相談事を聞いてほしいなど、本当に充実してきました。
こうした取り組みで どのような効果が出ているか、初めに伺います

ここで、私が指摘したいのは、ネウボラ制度のメニューと 子育て支援課 などが 担っている子育て支援メニュー合わせると、メニューは揃ってきていますが、量的、質的に、不足しているという点です。
例えば、ショートステイの定員を増やす、それができる連携施設を増やす、家事サービスの充実や人材確保、専門職の登用、役所に来なくても ネットで利用できるサービスを増やす、ビーグルや電車など移動の費用負担をする などです。

現在、子育て支援課 など が担うサービスの中で 利用者のニーズが高いメニューは何か、今後、ネウボラ制度の中で優先度の高いメニューは何か、お聞かせください

これらを整理し、ネウボラ制度を含むより 良い子育て支援施策にして頂きたいと思います。そして本区が、日本一お母さんに優しい自治体と支持されるよう、私も全力で応援しますので、よろしくお願いいたします。

区長答弁

次に、、ネウボラ事業等に関するご質問にお答えします。
まず、ネウボラ事業の効果についてのお尋ねですが、
ネウボラ相談や宿泊型ショートステイなどの様々な事業を通して、子育てについて相談しやすい環境の整備や、出産後の母体回復の促進、地域での子育ての仲間づくりを推進してきており、育児への不安を和らげ、安心して子どもを産み育てられる環境が整備されてきているものと考えております。

次に、優先度やニーズについてのお尋ねですが、
ネウボラ事業では、妊産婦への有効な支援につながるメニューの充実に努めており、宿泊型ショートステイの連携施設の拡充や、アウトリーチ型及びデイサービス型産後ケア事業を進め、産後ケアの一層の充実を図ってまいります。
また、ネウボラ事業を含め、子育て支援については、様々なサービスのニーズが高まっているものと認識しております。このため、来年度に実施する「子育て支援に関するニーズ調査」において、的確にニーズを把握してまいります。


文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク