公明党 文京区議会議員団 平成29年11月定例議会一般質問田中 かすみ

議会便り

平成29年11月定例議会一般質問

公明党文京区議団代表質問

公明党 文京区議会議員  田中 かすみ

9.土砂災害警戒区域の発令と地震被害の見える化について

質問 

最後に災害対策の強化について伺います。

初めに 土砂災害 警戒区域の発令について 伺います。

先月の10月22日に 台風21号の影響により、本区として初めて 土砂災害 警戒区域に対して「避難準備・高齢者 等 避難開始」を発令致しました。 エリアメールなどにより 多くの区民が驚きとともに 警戒区域にお住まいの方は 避難への心構えをしたことと思います。
そこで、今後のことも踏まえ、今回、発令を出した要因は どのようなところにあったのか。又、どのような判断によるものだったのか、伺います。
又、今回、高齢者の方、特に一人暮らしの高齢者の方が 発令を知らなかった という声を耳にしました。
今後、避難行動 要支援者への 周知の方法を 検討すべきと思いますが、区の見解を伺います。

一つには 日頃からの 地域住民同士の連携と 確認など 共助の取り組みが必要かと思われますが、今後 どのように支援をしていくのか、伺います

次に地震被害の見える化についてお伺い致します。
杉並区では、マグニチュード7.3の 首都直下地震が発生した際に、区が受ける 被害のシミュレーションを実施し、現状と 防災・減災対策実施後の 被害想定を比較した減災効果を 区のホームページに公開しています 被害想定では、50メートルメッシュ(網目)ごとに 家屋の焼失、全壊、半壊の各棟数を色分けして表示し、耐震化や不燃化、狭い道路の拡幅整備などの対策を行った場合、現状に比べ 全壊棟数はなんと82%減少し、焼失棟数は36%減少することなどが示されています。
このように 地震被害の見える化によって多くの区民が 防災や減災意識を高めたそうであります

本区におきましても、大規模地震の被害を 地域ごとに想定するシミュレーションを 実施すべきと思いますが、区の見解を伺います。

 

区長答弁

最後に、災害対策の強化に関するご質問にお答えします。
まず、土砂災害警戒区域に対する避難勧告等についてのお尋ねですが、この度の発令は、区の臨時水害対策本部において、台風21号の気象情報を踏まえて、土砂災害警戒区域を対象に行ったものです。
発令の基準としては、「水害・土砂災害対策実施要領」に規定する発令基準のうち、「土砂災害に関わる大雨警報が発表され,かつ、強い降雨を伴う台風が夜間から明け方に接近、通過することが予想される場合」を適用しました。
次に、避難行動要支援者へめ発令の周知等についてのお尋ねですが、
土砂災害警戒区域内の避難行動要支援者へは、本年6月に区域指定のお知らせを配布した後に戸別訪問を行い、各種勧告が発令された場合の情報提供の方法について、お伝えさせていただきました。
また、本年は2回にわたり、区報の1面を活用して、防災行政無線やホームページに加え、CATV等でも災害情報を入手で
きることを紹介しました。
今後も、避難行動要支援者への分かりやすい情報提供に努めてまいります。
なお、災害時においては、区民同士の助廿合いによる「共助」が効果的であることから、避難行動要支援者名簿の適切な活用等を通じ、日頃から顔の見える関係の構築を支援し、「共助」の意識を高めるよう、働きかけてまいります。

 次に、地震被害の見える化についてのお尋ねですが、
本区の地域防災計画では、都が公表した「地震に関する地域危険度」を活用しており、現在のとごろ、区独自で被害想定を作成する予定はありません。
なお、杉並区の実施した地震被害シミュレーションによる災害対策上の効果等については、今後も注視してまいります。

 



文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク