文京区議団ニュース 2013 新年号NO1

公明党 文京区議団ニュース 2013 新年号

経済対策などで区長に予算要望

12月7日、公明党文京区議団は、区役所内において、成澤廣修区長に対し、平成25年度予算編成に関する要望書を提出しました。

区長に要望書を提出する文京区議団」12月7日席上、松丸幹事長は「長期にわたるデフレと歴史的な円高によって先行き不透明な経済の実態」を訴え、「将来を見据えた「文の京」の個性あふれる施策を展開し、区民目線の施設推進を」と主張しました。
その上で@区内中小零細企業・地場産業の支援の支援・強化Aコミュニティビジネス支援の融資制度(介護・育児・福祉のサービス提供事業者)拡充Bシルバー世代の活用による地域活性化C学校施設の防災機能向上・耐震化の早期推進・・・など7分野91項目を要望しました。
成澤区長は「できる限り予算に反映させたい」と答えました。



第4回定例議会開催 岡崎よしあき委員が代表質問

平成24年第4回定例会において、岡崎よしあき議員が公明党文京区議団を代表して、一般質問を行いました。 質疑の内容は次の通りです。(要旨)

  • 防災対策について

    問地域防災力の充実においては、圧倒的に多いと予測される在宅避難者への支援が必要と考える。中でもマンション住人への支援について伺う。


    中高層マンションにちては、来年度、備蓄倉庫設置に伴う災害時救助資機材及びエレベータ閉じ込め対策資機材の購入経費助成事業などにより、支援を行っていく。

  • 若者雇用対策について

    問緊急雇用対策事業「文京みらい創造ジョブサポート事業」が本年度で終了となるが、更なる若者の雇用対策を伺う。


    来年度重点施策として、若者の就労と就労の継続を目的としたセミナーを開催し、ハローワーク等とも協力しながら、就労支援に努めていく。

  • 防災対策について

    問中・長期的には、質の高い幼児期の教育・保育を提供できる仕組みを作ることが必要と考える。実情を鑑み、今後の取組を伺う。


    次期「子育て支援計画」を26年度中に策定、子どもの育ち。学びについて就学前から継続性をもって支援できる組織についての検討を進める。


◎待機児童解消へ大きく前進

公明党文京区議団の要望が大きく反映され、大塚一丁目に認可保育所が
開設される予定です。詳細は下記の通りです。

認可保育所が開設
名称
小学館アカデミー茗荷谷保育園(仮称)
所在地
大塚1丁目4番15号アトラスタワー茗荷谷ビル2階
開所日
平成25年4月1日(予定)
開所時間
午前7:15から午後7:15まで
設置者
株式会社 小学校集英社プロダクション
定員
合計49名

◎高齢者福祉に本気の
公明党区議団

本駒込五丁目に認知症高齢者グループホーム「(仮称)文京ひかりの里」が2日に開設される予定です。所在地は本駒込五丁目66番5号。設置者は医療法人 創健会です。定員27人(3ユニット)。この建物は屋上バリアフリー農園付き幼老交流施設です。