公明党 文京区議団ニュース2016 新春号NO1

公明党文京区議団ニュース 2016年新春号

区民のニーズ捉えた予算に 2016年度の要望書を提出

2015年11月20日、公明党文京区議団(岡崎よしあき幹事長)は、区役所内において、成澤廣修区長に対し、「2016年度予算編成に関する要望書」手渡しました。
岡崎幹事長は、政府が経済の好循環の更なる拡大、「一億総活躍社会」の実現に向けて取り組んでいることを踏まえ、「文京区においても、その動きを確実に進めるために、区民のニーズを的確に捉えた予算編成をお願いしたい」と強調しました。

成澤区長に要望書を提出する公明党文京区議団要望書では、(1)避難行動要支援者の支援体制の推進、(2)簡易水道消火装置「まちかど消火栓」での、実践的な訓練の推進、(3)蓄電システムの普及と助成の推進、(4)地域包括ケアシステム構築の推進、(5)特別養護老人ホームやケアホームなどの施設整備の拡充、(6)乳がん検診の夜間・日曜受診と啓発運動の促進、(7)保育園待機児童対策の強化、(8)文京区版ネウボラ事業の拡充、(9)青少年プラザ「b-lab(ビーラボ)」事業の拡充、(10)小・中学校によるがん教育の推進、(11)中小企業の販路拡大へ向けての支援強化、(12)マイナンバー制度の導入による区民への周知と利用促進─など159項目にわたり要請。 成澤区長は、前向きに取り組む意向を示しました。

平成27年11月定例議会で田中かすみ議員が代表質問平成27年11月定例議会において、公明党文京区議団を代表して、田中かすみ議員が、一般質問を行いました。
質疑の内容は次の通りです。(要旨)

ひとり親家族への支援を
問ひとり親家族の悩みは、就職、住宅、法律相談、子育て支援など複合的である。国、都、区が取り組む支援メニューを一覧にしたしおりやポータルサイトの作成を要望する。


区長答弁支援に当たっては、生活支援、教育支援、経済的支援など、状況に応じた的確な取り組みが重要であると考える。ひとり親家庭の方が利用できる主な事業を一覧にした案内を作成し支援強化を図る。

ひとり親家族への支援を

赤ちゃん登校日の拡充を

問赤ちゃん登校日は、回ごとに好評で、他校での実施を望む声もある。児童館に登録する0歳児の保護者や保健師と関わる人に協力を募るなど、関係者と連携を図り、より多くの学校で実施できないか。

教育長答弁赤ちゃん登校日は、男女協働子育て支援部と共同で、赤ちゃんの負担も考慮して、子育てひろばに隣接する小・中学校で実施している。他の子育て広場に隣接した学校での実施も検討する。赤ちゃん登校日の拡充を

活発な防災活動の紹介を

町会等の活発な防災活動を他の町会が知ることは、防災活動の促進になる。区防災ホームページで、町会等の取り組み事例を紹介してはどうか。


区長答弁現在は、避難所総合訓練等の情報を掲載しているが、積極的な取り組みを行う避難所運営協議会等の活動事例紹介は、地域の防災意識の高揚につながると考える。今後、掲載方法等を具体的に検討する。


防災活動

公明党 文京区議団ニュース2016 新春号NO2へ  →ページトップへ

>