公明党文京区議団ニュース 2016年 春号

公明党文京区議団ニュース 2016年 春号

平成28年度予算が決定!公明党文京区議団の要望が大きく反映


介護老人保健施設の整備◎2か所の特別養護老人ホーム等の整備

特別養護老人ホーム(旧教育センター跡地・平成29年4月開設)と介護老人保健施設(旧文京福祉センター跡地・平成29年8月開設)を整備。さらに、新たな特別養護老人ホームを春日二丁目・旧建設省宿舎跡地に開設予定(平成30年度)です。
担当課➡福祉部福祉政策課 5803-1208

◎18歳選挙権に伴うシティズンシップ啓発

18歳選挙権に伴うシティズンシップ啓発選挙権の年齢を18歳以上に引下げる公職選挙法が成立し、7月に予定されている参議院議員選挙から適用されることになります。将来を担う世代に対し、周知・啓発を徹底するとともに、バースデーレターを贈呈するなど若者の政治参加意識の促進、若年層投票率の向上を図ります。
担当課➡選挙管理委員会事務局 5803-1287




◎学校体育館の冷暖房化等の整備

利用者の利便性向上を図るために、区有施設の整備を行います。主なプロジェクトは、『学校施設の快適性向上』『小・中学校体育館等の冷暖房化『六義公園運動場管理棟等の改築』『文京スポーツセンター改修及び教育の森公園の施設改修』等です。
担当課➡福祉部福祉政策課 5803-1208

 地震の時に電気を止める電気を止める

◎感震ブレーカーの普及・設置促進

大地震時には、電気器具による火災が発生する通電火災が多発します。出火防止対策として、大きな地震発生時等に自動的に電気を遮断する感震ブレーカーを、特に火災の危険性が高い地域に居住する約800世帯に配布します。
担当課➡総務部防災課 5803-1179


公明党は子育て支援に全力!
区長に3月9日に「保育所待機児童解消」の緊急要望を提出!保育所の入園待機児童解消の緊急対策のため、仮園舎として使用していた礫川公園内の施設を活用して認可外保育施設「春日臨時保育所」を開設します。公明党が訴えてきた「子育てと仕事の両立を応援するために、保育のニーズが高い0~3歳児までを預かる保育施設を」との主張が実現しました 

ぶんきょう未来・共産・市民のひろばが「軽減税率」の導入を求める請願に反対し不採択! 3月1日、総務区民委員会に付託された「軽減税率の速やかな導入することを求める請願」の審査において、公明党と自民党が採択の姿勢を示す一方、ぶんきょう未来・日本共産党・市民のひろばの3会派が「軽減税率」の導入に反対する姿勢を示し請願は不採択となりました。 公明党が2014年4月の8%への税率改正の際から導入を求めてきた「軽減税率」は、財務省との度重なる協議を経て、2017年4月の10%引き上げの際に、生活者の痛税感をやわらげるために導入される見込みとなりました。対象も、生活必需品である飲食料品(酒類と外食を除く)と文化的生活のために必要な新聞(定期購読する週2回以上発行)に広がり、国民の8割が実現を期待する「軽減税率」の速やかな導入ため、公明党は全力を尽くします。



公明党 文京区議団ニュース2016 春号NO2へ  →ページトップへ

>