公明党文京区議団ニュース 2016年 秋冬号

公明党文京区議団ニュース2016 秋冬号

公明党文京区議団の要望が大きく反映


B型肝炎ワクチンの定期接種スタート

区議団がかねてより提案してきましたB型肝炎絵ワクチンが新たに定期の予防接種に追加されました。

対象者 平成28年4月以降に生まれた者
接種回数 3回
接種方法

接種方法27日以上の間隔において第一回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回を1歳に至るまでに皮下接種する。

接種費用 無料

尚、対象者に予診票を個別送付しています。 
問い合わせ:予防対策課感染症係☎5803-1834

50代からの生きがいづくりを応援!
~「セカンドステージ・サポート・ナビ」を対象者へ配布~

50台からの生きがいづくりを応援する取り組みを!と提案する中、今年度、中高年向けのボランティア・仕事・学び・趣味・介護予防・地域活動をご紹介する「セカンドステージ・サポート・ナビ」を発行。今年度は60歳、65歳、70歳の皆様へ郵送しました。是非、ご活用ください。

問い合わせ:高齢福祉課 ☎5803-1203


~区内5施設とB-ぐる車内~区内Wi-Fi始まりました

多くの若者の皆様から要望いただき、区議団が提案してきました「無料Wi-Fiサービス」が、9月30日から右記の施設で拡充されました。東京2020オリパラ開催に向け、観光客への情報発信強化や、災害時の情報提供などにも役立ちます。是非、ご活用ください。 絶族手続等は、区のホームページ等にお問い合せください。

問い合わせ:情報政策課 ☎5803-1133
Bnkyo Free WiFiアクセスポイント一覧

自転車シェアリング事業が、公共交通として定着できるか検証するため、実証実験を行います。文京区全域(実証実験の4区(千代田区・中央区・港区・江東区)との協定による広域的な相互利用を目指します。

平成28年9月 定例議会開催! 若井のりかず議員が代表質問

平成28年9月定例議会において、若井のりかず議員が公明党文京区議団を代表して代表質問を行いました。質疑の内容は次の通りです。(要旨)

1.ユニファイドスポーツを通じた障害者支援策

区は、障害者と健常者が共に協議を行うユニファイドスポーツの調査・研究を進め、障害に対する区民理解を促進すべき。庁内連携を密に取り組むべきだが、見解を伺う。

 区長 昨年10月に開催したスポーツフェスティバルではパンフレットを配布し、周知に努めた。今後も関係部署が連携し、障害の有無に関わらず、スポーツを一緒に行うことが当然となる社会を目指す。


2.避難所の質の向上を

災害時の避難所生活について質の向上が問われている。質の向上は、運営に携わる関係者が想定外なことにも対処できる事前準備が大切である。また、行政内の断横断的連携による支援体制づくりも必須の条件だが、その取り組みを伺う。

 区長  様々な事態を想定した訓練を実施し、実効性あるマニュアルが運用されることで質の向上が図られると考える。また、災害対策本部の指揮の下、避難所運営部、災対福祉部、医療救援部が連携し、適切な支援を行っていく。


3.空き家の利活用対策を

空き家対策の一つである「有効活用」について、他の自治体の取組も踏まえ、その利活用を積極的に進めていくべきと考えるが、見解を伺う。

 区長  所有者に働きかけ、リフォームによる賃貸住宅化や、地域課題に取り組むNPO等との橋渡しを進めている。今後も、文京すまいるプロジェクト協力店との連携を図るなど、総合的な対策を進める。




公明党 文京区議団ニュース2016 秋冬号NO2へ  →ページトップへ

>