公明党 文京区議団は人の安全、地域の安全を守り、安心の暮らしをつくります。

安全・安心を守る安心して暮らせる文京区に全力
公明党の推進で進む安全・安心対策
  • 子どもたちの安全確保のための「安心メール配信システム」の導入を推進
  • 地域の防犯力の向上を目指し「空き交番の解消」
  • 防犯の専門家や警察官OBらからなるスクールガード・リーダーの拡充
  • 耐震診断費用助成の充実
  • バリアフリーの道づくり
  • AED(自動対外式除細動器)配備の充実
  • 路上喫煙禁止地区の拡大

この他にも、坂道の滑り止め、駐輪場の拡充、カーブミラー設置など街の安全・安心を守るため、対策を推進しております。

乳がん検診の予算が拡大され、受診機関が拡充されました

受診機関が1カ所から4カ所へ拡充される予定です。

日本女性がもっともかかりやすいと言われている乳がん。
その乳がん検診の拡充が強く求められていましたが、このほど、平成21年度予算に乳がん検診の予算が拡大されました。
これにより、 これまでの1カ所から4カ所へ受診機関が拡充される予定です。
文京区議会公明党は、乳がん検診の拡充を議会活動等を通じて推進してきました。

詳細はこちらから

AED(自動対外式除細動器)配備の充実

文京区内の全幼稚園・小学校・中学校へ配備

AED(自動体外式除細動器)心臓突然死を救うAED(自動体外式除細動器)について、公明党は「設置の推進、応急手当てのできる人材の育成が重要。避難所となる学校への設置充実を!」と主張してきました。その結果として今回、区内全幼稚園、小学校・中学校へのAED配備が決定いたしました。

AED(自動体外式除細動器)についての詳細は文京区のホームページでご覧いただけます。

こちらから→AED(自動体外式除細動器)について

路上喫煙禁止地区の拡大

路上喫煙禁止区域迷惑喫煙行為によるポイ捨てや、火傷等の被害をなくし、安全で安心な街づくりを目指すため「路上喫煙禁止地区」の指定区域を拡大します。今年度は新たに湯島・本郷地区を指定し、地域住民と協力しながら路上喫煙による被害をなくしていきます。

バリアフリーの道づくり

ユニバーサルデザインブロック(UDブロック)の設置

高齢者や障がい者を含むすべての人が安全・快適に生活できるようにバリアフリーの道づくりを進めています。これまでは、歩道拡幅、勾配の改善、段差の解消等を整備してきました。今後は車椅子利用者や視覚障がい者にもやさしいUDブロックの設置を併せて実施していきます。

UDブロックとは 歩道と車道の段差を部分的に解消できるように開発された歩車道境界ブロックです。車椅子の方のスムーズな通行、目の不自由な方には歩車道を判別できるように工夫されています。

文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク
y