公明党 文京区議団は高齢者を守る政策を推進します

シルバーお助け隊 平成20年9月1日より事業開始

公明党が高齢者のために提案・推進していました、シルバーお助け隊が遂に実現され、実施される運びとなりました。文京区内に居住する70歳以上の高齢者のみ世帯及び障害者のみ世帯に対し、日常生活におけるちょっとした困りごと(30分程度で行える簡易な仕事)がセンターが請負い、会員が実施いたします。

ご利用は

(社)シルバー人材センターへお電話ください。

→ 03-3814-9248

利用料金・・・1回300円(年間4回まで利用可)

電球や買物の商品等の代金は利用者の実費負担となります。

作業内容

・電球・蛍光管の交換・軽易な家具の移動・浴槽の清掃
・代筆(硬質)※ボールペン等
・庭掃除(雑草除去等)・体調不良時の生活必需品の買物
・その他、上記に準ずる内容

高齢者のために「シルバーお助けたい」を推進

公明党文京区議団は、高齢者の方々に一日も早く安心してもらうため、昨年2月と12月、高齢者のための「新しいサービス」を要請し、このほど平成20年度事業計画(仮称)シルバーお助け隊事業」として盛り込まれ、実現へ大きく前進いたしました。

このサービスは、高齢者等の日常生活で、ちょっとした困りごとを援助する事業で、蛍光灯や電球、水道のパッキングなどの交換、家具、荷物の移動等、30分程度でできる簡単な困りごとをサポートします。

対象は、区内在住の70歳以上の高齢者のみの世帯、障害者と高齢者のみの世帯、障害者のみの世帯が予定されています。

「高齢者のための新しいサービス」を盛り込んだ平成20年度の予算編成について要望をまとめ、昨年12月、文京区に要望を提出しました。そして、このたびの予算委員会におき公明の要望する諸事業が殆ど取り入られ、実施される運びとなりました。

介護予防拠点「いきいき小日向」「いきいき西原」がオープン

公明党は「元気な高齢者が多い社会」「健康寿命をより延ばす社会」を目指すため、かねてより、国として「介護予防10カ年戦略」を策定し、政府一体で取り組むよう提案してまいりました。そして、このほど、住み慣れた文京で介護予防サービスを受けられる施設が新しく、旧小日向寿会館と旧西原会館の跡地を活用した介護予防拠点が3月1日・3日にオープン致しました。
これで、文京区における介護予防拠点は 4カ所(礫川寿会館・西原寿会館・小日向寿会館・森川寿会館)となりました。

 

事業運営 ジャパンケアサービス東京

問い合わせ→「いきいき小日向」 小日向2-8-15 03-6902-5321

     →「いきいき西原」  千石 4-34-22 03-3941-1651

※高齢者福祉課高齢者施設担当 03-5803-1208

文京区議団 サイトメニュー
文京区各種ガイド
リンク